toggle

プロフィール

あなたの魅力の種をみつける

星よみ暮らしあそびラボ「森のユカフェ」の友香です。

 

2011年におうちサロンを江東区で始め、今に至ります。

オーラソーマのコンサルテーションから始まり、コラボイベント、

マクロビオティックの料理教室の開催etc.

 

2013年にはアロハタロットや占星術が加わるとともに、

2014年から2015年がコラボイベントのピークでした。

2016年頃からはユカフェを飛び出して活動し始め、

2017年は出張カフェなどもやってみたりと、

星の言語を使えば森のユカフェで私はどうやら

アセン射手座とMC乙女座をフル稼働しているようです(笑)。

 

【おうちサロンを始めるまで】

20歳で上京し、全く興味のなかったOL生活を約5年

(自分の中では暗黒のOL時代という印象)。

その後お花の仕事(ブライダルと講師)やカフェ、

セラピーのお仕事など、徐々に自分が好きで楽しめそうと

思える分野で働くようになりました。

でも、外から見たイメージと実際は違うことが多く、

心が折れるような経験も重ねてきました。

(期待しないで入った会社と違って、

期待して入った場合ギャップに苦しめられます。

当時は修行も必要!と自分に言い聞かせていました。笑)

結婚して海外(香港3年半とアメリカ1年)に住んだ経験も

現在のおうちサロンの活動に色濃く影響しています。

 

【おうちサロンはわたしらしさの追求の場】

不器用ながらも私なりに「楽しい働き方」を模索してきてわかったことは、

おうちサロンは自分らしく在ることを求められ続けます。

 

期待に応えようと私らしさから離れてしまうと必ずお知らせがやってくる。

モヤモヤする、イライラする、憂鬱になる、疲れる、

お客様が来ない・・その繰り返しを毎回毎回経験し、

ありがたいメッセージとして受け取ってきました。

 

「私らしく楽しく働く」を目指しているので、

そこから離れるとちゃんとお知らせがやってきます。

 

また、面白いことに「楽しい」を模索していると

次の「楽しい」が出てきて、「あれ?もっと楽しいものがあった!」

という風に「楽しむ」センサーが磨かれる気がします。

「楽しい」の扉を次々に開いている感じかな?

 

そして「楽しい」という言葉ってマジック!

一般的に「楽しい」と思われていることと自分が

「楽しい」と思うことが同じとは限らないのです!

 

おうちサロンを運営しながら、

自分自身と対話し、好きなこと(料理やセラピー、占い、アートなど)

それを表現しつつ、私らしく生きるためのサポートにもなっていて、

しかもそれを必要としてくれる人が来てくれる。

 

わたし自身が「内なる輝きを見つける」ために地道にやってきたことが、

誰かの「内なる輝きを見つける」ツールになっていて、

さらにそこからフィードバックを頂き、

わたしの中で研究を重ね、「楽しい働き方(生き方)」に繋がっていく。

 

特にアロハタロットや星の世界ではそれが繰り返され、

わたし自身の成長に繋がっています。

 

そして、それとともにホロスコープの見え方も変化しています。

これがスキルアップというのかもしれませんが。

それはアロハタロットも同じで、

同じカードが出てもその時の魂の成長度合いによって

読み方が変化しているのです。